外貨預金を始めるには、まず、どこの国の通貨で行うか決めなくてはいけません。外貨預金というくらいですから、どの通貨でもいいわけですが、 多くの種類があり、それぞれ異なった特徴を持っています。その特徴の一つは、先ほどから述べているように金利がとても大切になってきます。 数多くある通貨は、どれも金利が違ってきます。外貨預金を行うには、金利にも目を向ける必要があることは理解されていると思いますが、 金利が高ければ、その分資産を増やすことは可能です。ですが、金利が高くつくからと言ってすぐにその国の通貨に決めてしまわないようにしましょう。 なぜなら、金利が高い代わりに手数料も高い可能性があるからです。ですから、金利のみで考えたとき利益は増えますが、 そこから手数料を引いてしまえば、微々たるものしか残らなかったり、最悪の場合は資産が全く増えないという可能性すらあります。 金利と手数料に関しては、注意深く調べる必要がありますが、為替レートにも目を向ける必要があるのが、外貨預金です。 金利と手数料と為替に注目することで、始めてうまく資産運用ができるようになります。為替の動きやメインの通貨の動向なども よく調べる癖を付けるようにしておきましょう。